Asajo Plaza

 

 OKB48総選挙とは?

OKBとは、「お気に入りボールペン」の略。

今の日本のボールペンシーンを代表する48本を、OKB総選挙管理委員会が選抜。その中から、あなたの好きなペン(推しペン)に投票してもらい、日本の「筆箱のセンター」を決める一大投票企画です。

ボールペンを選ぶ基準は「書き心地」でも「見た目」でも、「コストパフォーマンス」でも「個人的な思い入れ」でも、なんでも構いません。

実際に全国各地の試し書き会場で投票する「握手会投票」と、Webアンケートで投票する「Web投票」の2種類があります。どちらに何回投票して頂いても構いません。ただし、実際に試し書きをして選ぶ「握手会投票」の方が配点が高くなるようにしてあります。

投票日は10月1日(土)~12月31日(土)の23時59分までです。

はたして、あなたの「推しペン」は「筆箱のセンター」になれるのか? すべてはあなたの愛ある投票にかかっています!

OKB48総選挙の投票結果は本サイト(http://www.okb48.net/)にて2017年1月中に発表いたします。

OKB48総合プロデューサー 古川 耕
OKB48総選挙スポンサー “文具王”高畑正幸
OKB48劇場支配人 岩崎 多

 

 ボールペン豆知識

知っておくと「握手会(試し書き)」がもっと楽しめる!ボールペン基礎知識

★「ボール径」……ペン先に入っているボールの直径。この大きさで筆記線の太さが変わる。油性ボールペ ンの標準的なサイズは「0.7ミリ」。同じボール系の大きさでも、油性のほうが線が細く、水性のほうが太 くなる傾向がある。

★「油性インク」……染料を油に溶いたインク。にじみにくく筆記距離も長い。短所は水性インクに比べて 書き味が重くなること。

★「水性インク」……染料もしくは顔料を水に溶いたインク。軽い書き味で発色も濃い。乾きが遅く、にじ みやすいのが欠点。

★「ゲルインク」……染料もしくは顔料を水とゲル化剤に溶いたもの。芯に入っている時はゲル状だが、書 き始めると液状に変化する。発色がよく線幅も豊富。ただしインクの減りは速い。

★「低粘度インク」……ここ7〜8年の油性ボールペンの一大トレンド。インクの粘度=粘り気を抑え、書き 味を極力軽くしたもの。2006年に発売されたジェットストリーム(三菱鉛筆)の大ヒットを受け低粘度競争 に火が付いた。

★「エマルジョンインク」……ゼブラが独自開発したインクで水性インクと油性インクを3対7の割合で混合 したもの。同社の「スラリ」に採用されている。

★「加圧式ボールペン」……芯に充填されたインクを後ろから空気で押し出すボールペン。逆さま筆記や壁 掛けのカレンダーにもかすれずに書ける。水に濡れた紙、カラーコピーされた紙などにも。宇宙空間でも筆 記可能。

★「直液式」……胴軸の中に直接、液体のインクを内蔵する方式。書き出しからスムーズにインクが出て、 最後までかすれずに書ける。

★「消せるボールペン」……フリクション・シリーズ(パイロット)に代表される、昨今定番化しつつある ボールペン。実際は摩擦熱によってインクが透明化しているだけで、インク自体が消えてなくなっているわ けではない。「ボールペン=絶対消えない筆記具」と捉えているユーザーからは意外と敬遠されている。

 

 OKB48総選挙 細かすぎて伝わらないQ&A

Q. ボールペンのボール径が指定されてないけど、どのボールサイズが投票の対象なの?
A. ボール径の指定は特にありません。特定の推しボール径があれば、ぜひその旨をコメント欄に書いてご投票下さい(例:「アクロボールは0.5mmこそ至高! 他のボール径は一切認めない!」など)。ただし握手会の会場では「油性0.7ミリ」「水性ゲル0.5ミリ」を基本としたボールペンを用意しております(ボール径の違いで大きく特性が変わるボールペンに関してのみ、例外的に複数用意しています)。
Q. 握手会に参加したあとにWeb投票で投票してもいいの?
A. 本家AKB同様、複数投票は認められています。OKB総選挙では投票時にいちいち推薦理由を書かなければならないなど、手間がかかるため、それを乗り越えての複数投票にはそれなりの価値があると見なしております。なお、すべて一本ずつ握手してから投票する握手会のほうがWeb投票よりも重く傾斜配点されます。推しペンをセンターにしたい場合、握手会での投票がオススメです。
Q. 三色ボールペンやカスタム多色ペンは対象外なの?
A. 多色ボールペンは複数のアイドルが集まった「ユニット」とみなしています。そのため個人対決となる今回の総選挙ではエントリー対象外としています。申し訳ありません。
Q. 黒色以外のボールペンは対象外なの?
A. 対象外です。本家が当初「黒髪」オンリーだったことを鑑み、黒色のみを対象としております。
Q. 試し書きする用紙はどの紙でもいいの?
A. OKB48総選挙では、第一回より公式試し書き用紙(「公式劇場」)をマルマン製「ニーモシネ」(A4)で統一しています。セルフ握手会を開催する際にはぜひご利用下さい。ただし、投票者の方が普段使われている手帳や紙での試し書きも当然認められています。

 過去の総選挙結果

2015年度・第5回総選挙の結果は以下のとおりです。

結果発表
総投票数:3480票(握手会2207票・Web1273票)
  • 1位 三菱鉛筆
    ジェットストリーム スタンダード
    得票数:3596ポイント
    (油性・150円+税/第1回:1位・第2回:1位・第3回:1位・第4回:1位)
    圧倒的得票を集めて大会4連覇中の絶対王者。2006年の国内発売以来、日本のボールペン界に低粘度インクブームを巻き起こした革命的存在。まさに国民的ボールペン!
  • 2位 三菱鉛筆
    ジェットストリーム プライム 単色ボールペン
    得票数:2050ポイント
    (油性・2200円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:2位)
    約140種類あるジェットストリーム・シリーズからハイエンドなモデルを別枠でエントリー。重厚なボディと高級車のドアに例えられるスムースなノックボタンにため息。
  • 3位 ゼブラ
    サラサクリップ
    得票数:1706ポイント
    (ゲルインク・100円+税/第1回:5位・第2回:5位・第3回:6位・第4回:3位)
    ゲルインクボールペンのTHE定番。軽い書き心地で長く使っていても疲れない。学生から社会人まで幅広い人気があり、それが毎回の高順位に結びついている。
  • 4位 ラミー
    サファリ ローラーボール
    得票数:1570ポイント
    (水性・3000円+税/第1回:11位・第2回:6位・第3回:4位・第4回:5位)
    独ラミー社の代名詞「サファリ」シリーズの水性ボールペン。他に類のないスタイリッシュな外見。見覚えのある人も多いのでは? 毎年発売される限定カラーも人気。
  • 5位 ぺんてる
    ノック式エナージェル
    得票数:1410ポイント
    (ゲルインク・200円+税/第1回:8位・第2回:3位・第3回:3位・第4回:4位)
    ジェットストリーム対抗馬の最右翼と見なされる実力派。「速乾・鮮明・低粘度」が特長のエナージェルインクは、数多のゲルインクボールペンの中でも屈指の完成度を誇る。
  • 6位 パイロット
    ドクターグリップ Gスペック
    得票数:1175ポイント
    (油性・600円+税/第1回:6位・第2回:10位・第3回:7位・第4回:8位)
    人間工学に基づいた重量バランスと太さ。手が疲れないソフトグリップ。発売20周年を超え、今なお学生を中心にヘビーライターたちから支持を集めている。
  • 7位 三菱鉛筆
    ユニボール シグノ
    得票数:1135ポイント
    (ゲルインク・100円+税〜/第1回:4位・第2回:2位・第3回:2位・第4回:6位)
    ゲルインクボールペンの傑作。ガタツキのないタイトなペン先は何物にも代え難い安心感。ブルーブラックを筆頭に、ダーク系のカラーバリエーションが充実しているのも嬉しい。
  • 8位 パイロット
    コクーン
    得票数:1108ポイント
    (油性・1500円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:9位)
    高級ボールペンを多く揃えるパイロットから、高級感と値頃感がジャストなこちらをセレクト。重心バランスやボディの質感、曲線のフォルムが見事。1500円でこれはむしろ安い。
  • 9位 ぺんてる
    エナージェルユーロ
    得票数:1006ポイント
    (ゲルインク・170円+税/★新メンバー)
    バリエーションの多いエナージェル・ファミリーから、キャップタイプのこのモデルをピックアップ。ペン先が固定されているぶんガタツキがなく、「ユーロこそ至高」という声も。
  • 10位 三菱鉛筆
    ユニボール シグノRT1
    得票数:929ポイント
    (ゲルインク・150円+税/第1回:加入前・第2回;加入前・第3回:5位・第4回:13位)
    ペン先と紙の摩擦を減らすエッジレスチップで、サッと走り書きにもカチッと清書にも“神対応”。なめらかさを増した新配合のインクも発色がいい。2013年発売。
  • 11位 パイロット
    アクロボール
    得票数:913ポイント
    (油性・150円+税〜/第1回:10位・第2回:16位・第3回:17位・第4回:16位)
    今やパイロットのほとんどの油性ボールペンに使われている低粘度油性インク「アクロインキ」の本丸。滑らかさとしっかり感のバランスが絶妙で評価は高い。
  • 12位 パイロット
    フリクションボールノック
    得票数:822ポイント
    (ゲルインク・230円+税/第1回:2位・第2回:4位・第3回:12位・第4回:11位)
    既存のボールペンの枠をはみ出した新ジャンル「消せるボールペン」。「この10年で最も重要な筆記具」とも言われ、今や知名度ではジェットストリームを凌ぐ存在に。
  • 13位 OHTO
    筆ボール
    得票数:758ポイント
    (水性・150円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:14位・第4回:17位)
    ボール径1.5ミリの極太水性ボールペン。インクの流量が多いドバドバ系。そのエクストリームな書き味はもはやボールペンとは思えないほど。一度書いたらヤミツキに。
  • 14位 ぺんてる
    ビクーニャ
    得票数:753ポイント
    (油性・150円+税/第1回:15位・第2回:11位・第3回:10位・第4回:14位)
    「業界最低粘度」を謳うビクーニャインキは、ペン先が紙の上を自走するかのような滑らかさ。使う人を選ぶピーキーなチューニングだが、その滑り具合にハマると抜けられない。
  • 15位 セーラー万年筆
    G-FREE(ジーフリー)
    得票数:722ポイント
    (油性・300円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:10位)
    昨年、投票期間終盤に発売されたにも関わらずトップ10入りを果たした驚異の新人。低粘度のG-FREEインク、新機構の筆圧アジャスター、三角グリップと特徴マシマシ。
  • 16位 ぺんてる
    エナージェル トラディオ
    得票数:687ポイント
    (ゲルインク・250円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:15位)
    エナージェルの替え芯を、同社の「トラディオ・プラマン」系のボディに組み込んだモデル。シリーズ中、最もスタイリッシュなルックスだ。2014年10月から国内販売開始。
  • 17位 ゼブラ
    スラリ
    得票数:679ポイント
    (エマルジョン・100円+税〜/第1回:7位・第2回:9位・第3回:9位・第4回:12位)
    油性インクと水性インクのいいとこ取りである混交インク「エマルジョンインク」を採用。低価格ながら極めて高い完成度を持ち、事実好位置をキープし続けている。
  • 18位 ぺんてる
    ボールPentel
    得票数:656ポイント
    (水性・100円+税/第1回:16位・第2回:12位・第3回:15位・第4回:18位)
    樹脂製のペン先が柔らかな書き味を生み出す。1972年生まれの大ベテラン。とめ・はね・はらいも表現可能で、まさに日本人向けの“和のボールペン”。
  • 19位 パイロット
    Vコーン
    得票数:593ポイント
    (水性・100円+税/第1回:9位・第2回:7位・第3回:8位・第4回:21位)
    直液式水性ボールペンの傑作。インクの流量が多く、まるで万年筆のようだと世界中にファンがいる。シンプルで飾り気のないルックスも色気じゅうぶん。
  • 20位 パイロット
    ハイテックC
    得票数:590ポイント
    (ゲルインク・200円+税/第1回:3位・第2回:8位・第3回:11位・第4回:7位)
    90年代の激細ペンブームを牽引したゲルインクペン。針のようなニードル状のペン先はしなやかさもある。細かい漢字や微細なイラストまで、緻密書きたい人向け。
  • 21位 スリップオン
    SIERRA木軸ボールペン
    得票数:585ポイント
    (油性・350円+税〜/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:27位)
    極細0.2mmのペン先「ニードルポイント」の油性ボールペン。木製胴軸は鉛筆を握っているような温もりがあり、手汗にも滑り知らず。小ぶりなSタイプは手帳用に最適。
  • 22位 ラミー
    ノト 油性ボールペン
    得票数:573ポイント
    (油性・1500円+税〜/第1回:20位・第2回:14位・第3回:24位・第4回:19位)
    独ラミー社の油性ボールペン。日本人デザイナーの深沢直人がデザインを手がけた“ハーフ・モデル”。おにぎり型の胴体の中には極めて精巧なノック機構が隠されている。
  • 23位 パイロット
    Opt.(オプト)
    得票数:542ポイント
    (油性・200円+税/第1回:12位・第2回:20位・第3回:16位・第4回:25位)
    大柄なボディの中に、インクを通常より45%増量したロングリフィルが納まっている。軸のテクスチャーにも高級感があり、ちょい上ランクの大人用ボールペンとして人気。
  • 24位 三菱鉛筆
    ユニボール ビジョンエリート
    得票数:541ポイント
    (水性・200円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:25位・第4回:38位)
    水性ボールペンの名作。グリップには滑りにくいローレット加工が施され、手汗で滑らずしっかり持てる。海外で先行発売された逆輸入モデルでもある。
  • 25位 カランダッシュ
    849コレクション ボールペン
    得票数:509ポイント
    (油性・3000円+税〜/第1回:26位・第2回:15位・第3回:27位・第4回:35位)
    スイス産の高級油性ボールペン。専用芯「ゴリアテ」は紙への当たりが柔らかく、大きな文字をヌラヌラと書くのが心地いい。握りやすい六角軸、ノック音も上品で控えめ。
  • 26位 三菱鉛筆
    パワータンク スタンダード
    得票数:498ポイント
    (油性・200円+税/第1回:14位・第2回:22位・第3回:33位・第4回:22位)
    充填された圧縮ガスでインクを押し出す加圧式ボールペン。逆さま筆記やカラーコピーへの書き込みもOK。ボールの回転は重めで、しっかりと紙を捉える感覚。
  • 27位 パイロット
    ジュース
    得票数:495ポイント
    (ゲルインク・100円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:13位・第4回:23位)
    2013年に発売されたゲルインクボールペンの新鋭。ペン先の乾燥を防ぐモイスチャー成分が多く配合された新開発インクを採用。書き出しもスムーズで発色もいい。
  • 28位 三菱鉛筆
    ユニボール アイ
    得票数:484ポイント
    (水性・150円+税/第1回:46位・第2回:圏外・第3回:圏外・第4回:圏外)
    三菱鉛筆の水性ボールペンと言えばこれ。直液式のインクはサラサラで書き出しもかすれ知らず。インク残量がボディの透明窓から見えるのもいい。安さも魅力。
  • 29位 パーカー
    ジョッター スペシャル
    得票数:483ポイント
    (油性・1200円+税/第1回:40位・第2回:圏外・第3回:19位・第4回:24位)
    1954年、アメリカ生まれのクラシックな油性ボールペン。今の国産ボールペンに比べるとボールの回転は重いが、それこそが味。しっかりとした書き心地を楽しもう。
  • 30位 三菱鉛筆
    スタイルフィット ゲルインクボールペン ノック式(リフィル入)
    得票数:478ポイント
    (ゲルインク・130円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:26位)
    自分で替え芯を選べる「スタイルフィット」シリーズから、単色ホルダーがエントリー。細身のボディなのでかさばらない。いろんな色を大量に持ち歩きたい! という人にオススメ。
  • 31位 ゼブラ
    ワークダッシュ
    得票数:473ポイント
    (油性・150円+税/第1回:加入前・第2回:44位・第3回:圏外・第4回:圏外)
    グリップを握るとペン先が出る安全仕様。ガッツリした見た目とは裏腹に、まるで手を握っていないと眠れない甘えっ子系ボールペンとして人気がある(推測)。
  • 32位 三菱鉛筆
    NO.460 証券細字用
    得票数:412ポイント
    (油性・80円+税/第1回:31位・第2回:18位・第3回:36位・第4回:41位)
    側面に刻印された「証券細字用」の漢字。クリップレスの細身なボディと小さなノックボタン。懐かしいオレンジと黒のツートンカラー。何から何までレトロでキュート!
  • 33位 BIC
    クリックゴールド
    得票数:385ポイント
    (油性・150円+税/★新メンバー)
    レトロでクラシック。文具店より雑貨店でよく見かける、BICのもうひとつの定番ボールペン。ボディカラーは基本19色に加え、限定カラーも数多く発売されている。
  • 34位タイ サクラクレパス
    ボールサインノック
    得票数:377ポイント
    (ゲルインク・150円+税/★新メンバー)
    2015年2月発売のノックタイプ。 グリップ部にかけてボリューム感を増す外見とグラデーションの効いたカラー。リフィルまで含め、美しい一本。現時点での国産ボールペンの最高傑作のひとつ。
  • 34位タイ トンボ鉛筆
    エアプレス
    得票数:377ポイント
    (油性・600円+税/第1回:18位・第2回:26位・第3回:23位・第4回:28位)
    ノックした時の圧縮空気でインクを押し出す加圧式ボールペン。短いボディに金属クリップ、滑りにくいラバーボディと、タフな現場仕様で男子大喜び。
  • 36位 BIC
    オレンジEG
    得票数:372ポイント
    (油性・80円+税/第1回:13位・第2回:24位・第3回:20位・第4回:32位)
    オレンジ色の外見は誰もが一度が目にしたことがあるはず。1961年にフランスで生まれたボールペン界の女王。近年はなめらか度が35%アップした「イージー・グラインド・インキ」を採用している。
  • 37位 セーラー万年筆
    就活ボールペン 3way-S
    得票数:355ポイント
    (油性・350円+税/★新メンバー)
    「3色ボールペンは反則なのでは……?」と思わせておいて、実は3つの芯はすべて黒で、太さが0.5mm/0.7mm/1.0mmと違うだけなのだー! 特例により今回初エントリー。
  • 38位 パイロット
    スーパーグリップ
    得票数:311ポイント
    (油性・100円+税/第1回:24位・第2回:17位・第3回:28位・第4回:29位)
    握りやすい三角グリップが癖になる。中でもオススメは、油性ボールペンとしては最太の部類に入る1.6mmボール径。「ぬちっ」とした独特の書き心地は試す価値あり。
  • 39位 ゼブラ
    ジムノック
    得票数:309ポイント
    (油性・100円+税/第1回:28位・第2回:32位・第3回:35位・第4回:33位)
    オフィスの風景に溶け込む定番ボールペン。ノックパーツの尾尻が丸く、手で触れた時の感触が心地良い。安価でこのクオリティをキープしているのが国産ボールペンの底力。
  • 40位 パイロット
    マルチボール
    得票数:305ポイント
    (水性・100円+税/第1回:30位・第2回:45位・第3回:29位・第4回:45位)
    見た目は普通のキャップ式水性ボールペンだが、ガラスやプラスチック、金属にまで書けてしまう優れもの。もちろん紙への筆記も快適。知らないでいるのは損!
  • 41位 ぺんてる
    スリッチ
    得票数:292ポイント
    (ゲルインク・200円+税/第1回:36位・第2回:30位・第3回:31位・第4回:30位)
    パイロット「ハイテックC」の対抗馬と目される、激細ニードル・ペン先のゲルインクペン。ハイテックCよりさらに硬質な書き心地。あなたの好みはどっち?
  • 42位 ぺんてる
    ハイブリッド
    得票数:281ポイント
    (ゲルインク・100円+税/第1回:21位・第2回:33位・第3回:45位・第4回:39位)
    1988年生まれの古参ゲルインクボールペン。プラスティックボディに直接刻まれたグリップの溝が今見ても斬新。ラバーグリップが苦手な人からも支持されている。
  • 43位 ぺんてる
    ローリー 油性顔料ボールペン
    得票数:265ポイント
    (油性・100円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:43位)
    見た目は地味だが、油性顔料インクを搭載している数少ない油性ボールペン。大きなラバーグリップのフィット感もよく、隠れファンも多いとか。
  • 44位 サクラクレパス
    ボールサイン80
    得票数:225ポイント
    (ゲルインク・80円+税/第1回:29位・第2回:34位・第3回:38位・第4回:39位)
    世界初の水性ゲルインクボールペン。発売から30年超とは思えぬほどモダンなデザイン。直線的なフォルムなので大量に持ち運んでもかさばらない。
  • 45位 ゼブラ
    タプリクリップ
    得票数:220ポイント
    (油性・100円+税/第1回:31位・第2回:39位・第3回:42位・第4回:46位)
    普及タイプの油性ボールペンに比べ、インク容量が40%も多いロング芯を搭載。コストパフォーマンスの良さは圧倒的だ。ロングライティングや試験勉強にどうぞ。
  • 46位 パイロット
    デスクボールペン BDE-15
    得票数:216ポイント
    (油性・150円+税/第1回:加入前・第2回:加入前・第3回:加入前・第4回:44位)
    ホテルや会社の受け付けで誰も一度は使ったことがあるはず。潜在的な認知度は相当高く、いざ真剣に向き合ってみると、意外な書きやすさに気づけば虜になってしまうかも……。
  • 47位 ステッドラー
    トリプラス ボール・油性ボールペン
    得票数:204ポイント
    (油性・250円+税/第1回:17位・第2回:23位・第3回:32位・第4回:42位)
    ドイツの画材メーカーの油性ボールペン。人間工学に基づいた三角軸と全長161mmという長めのボディが手に馴染みやすく、デスクペンとしても最適。
  • 48位 ゼブラ
    プレフィール エマルジョンボールペン ノック式
    得票数:92ポイント
    (エマルジョン・130円+税/★新メンバー)
    三菱のスタイルフィット単色ホルダーの対抗馬として今回、初エントリー。こちらはサイドノックのボタンが特徴。ゼブラが誇るエマルジョンインクが使える。

第1回〜4回の総選挙結果は以下のムックからご覧になれます。


2014年度・第4回総選挙
徳間書店「グッとくる文房具2015」

2013年度・第3回総選挙
徳間書店「グッとくる文房具2014」

2012年度・第2回総選挙
KKベストセラーズ「すごい文房具デラックス」

2011年度・第1回総選挙
KKベストセラーズ「すごい文房具リターンズ」


Page Top